リンクボタン
神話の中のてぶくろ

ビーナスと手袋

tebukuro ”ある日、美少年のアドニスと遊んでいたビーナス (美と恋の女神)は、黒イチゴの茂みをくぐり抜け ようとして誤って、イバラのトゲで手を傷つけてし まいました。流れた血は美しいバラになりました。 その時グレース(優雅の女神)がビーナスのために 手をまもる花のおおいを考えました…。” それが神話の世界での手袋の始まり。史実では、紀 元前4世紀頃、ギリシャの歴史家がペルシャの風俗 を書いた本の中に、5本の指がわかれるようになっ た手袋の話がでています。


ツタンカーメン王も手袋愛好者?

 あの古代エジプトの少年王・ツタンカーメンの墓 が発掘された時、ひときわ人々の気を引いたのが、 半ば黒ずんだ麻製の手袋。 きっと王の愛用品だったため、遺品としては不釣合 いにもかかわらず一緒に埋葬されたのでしょう。 この麻手袋、現在ではエジプトのカイロ博物館に収 められています。


手袋は愛情のしるし

 中世の騎士たちは、女性にもらった手袋を愛情の しるしとして、カブトや帽子に入れて大切にしてい ました。また、眠っている間に女性に唇を盗まれた ら、その男性は女性に手袋を贈るという変わった風 習も。こんなにロマンティックな手袋、プレゼント にピッタリなのでは…。


豪華絢爛!戴冠式の手袋

シチリア王  1220年頃、フリードリヒ2世がシチリア王の 戴冠式に用いた、赤い絹製の手袋。甲の部分には真 珠、ルビー、サファイアを用いた刺繍が施され、掌 には、金糸で鷲の刺繍という素晴らしさ…。

(ウィーン美術史美術館 所蔵)




討ち入りの手袋?

忠臣蔵  忠臣蔵でおなじみ。赤穂浪士47人のひとり、あ の大石主税が使っていた゛「手袋」。 元禄15年(1702年)12月14日の雪の夜も ひょっとして、この「手袋」をつけていたのかも知 れません。


(泉岳寺 所蔵)

◆◆ 神話の中の手袋/手袋の素材/かしこい手袋選び/手袋のマナー/手袋を長く使うために/手袋について◆◆