リンクボタン
ワンポイントメモ

手袋のマナー

 手袋をバック等とセットで持つことがオシャレのポイントです。 高級なハンドバックには、手袋を差し込むリングがついています。 これは手袋をはずした時にとめておくためのものです。



 モーニングなどの男性の礼服には、柔らかい鹿革の白か、オフ ホワイトの手袋を用いるのが正しいマナーとされています。



てぶくろ  男性と握手する時、女性は手袋をはずさなくてもかまいません。 ただし、防寒用の手袋は失礼なのではずしてください。訪問先でも、 防寒用以外ならつけていてもOKです。



 弔事の際には必ず黒い手袋を、革手袋は原則として使いません。 ただし、小羊の柔らかい素材のみ許されています。



手袋にはこんなメリットが

1.

手袋を着用することによって、セーター1枚分の保温効果が あるといわれています。体温を逃がさないので、風邪の予防に もなります。

2.

ポケットに手を入れて歩くよりは、手袋を着けて颯爽と…! 万一、転んでも大切な手を守ってくれます。

3.

紫外線からあなたの大切な手・腕をガードし、日焼けを防止します。 (UVケア加工)

4.

寒さの厳しい季節などには、手袋がオシャレの決め手。やせ我慢の 指輪より、ここはやっぱり手袋でファッショナブルに。 そして、暖かく。


◆◆ 神話の中の手袋/手袋の素材/かしこい手袋選び/手袋のマナー/手袋を長く使うために/手袋について◆◆