リンクボタン
長く使う


日頃の手入れ方法

革手袋は汚さない・傷めない・水に濡らさないことが基本です。水に濡らすと色落ちしたり、硬くなることがあります。脱いだ時は縦に引張って型を整えてからバッグまたはポケットへ入れてください。手袋が型崩れせず長持ちします。着用後は必ず小まめにブラッシングしてください。



長持ちさせるには

靴や靴下と同じように、毎日同じものを使わず2双以上の手袋を交互に使うのが長持ちの秘訣。
革は適当に油分を補給することが大切です。表面がカサついてきたら薄く皮革クリームをつけてください。



カビが生えたら

最高の治療は早期発見。表革はからぶき、スエードはブラッシングで落とす。縫目や細かい所は、入念に歯ブラシで除きます。ただし革の組織の中まで変色している場合には跡は消えません。長期間保管するときは、カシミヤなどの高級素材同様、陰干にして湿気を抜いてから、防湿剤、防虫剤と共にポリエチレン等の袋に入れて密封して保管する。梅雨時期には一度取り出して陰干し、湿気をぬくことが必要です。



洗濯

革手袋の洗濯はさけてください。
天然繊維(ウール)は、ぬるま湯で軽く手洗いし、陰干してくだ さい。



雨に濡れたら

革手袋の場合は、できるだけ早く布で水気を吸い取り、風通しの良い所で陰干してください。3〜5日かけてゆっくり乾かすのがコツ。完 全に乾いたら汚れをとります。スエードは完全に乾燥してからブラッシングして起毛させます。熱を与えたり日光に当てて乾かすと、型崩れやヒビ割れの原因になります。



シミやキズがついたら

表革の手入れ
 泥やほこりの汚れは、乾いた布でふくか、ブラシをかけることで充分。 付着がひどい時は、濡れた布でふいて必ず陰干に。どうしても落ちにく い場合は、皮革用クリーナーを薄めにつけて布でふきとる。部分的な軽い 汚れは良質の消しゴムか食パンで。シンナー、ベンジンの使用は禁物で す。

裏革の手入れ
 スエードは柔らかい毛足が生命。とりわけブラッシングを入念にしまし ょう。泥やほこりの汚れは硬目のナイロンブラシを強めにかけると、スエ ードの毛切れとともに汚れがとれます。毛が倒れて、テカテカ光ってきたり、 ソフトな光沢が失われてきたら、表面を軽く湿らせてワイヤーブラシで起毛 すると、見違えるほどきれいになります。


◆◆ 神話の中の手袋/手袋の素材/かしこい手袋選び/手袋のマナー/手袋を長く使うために/手袋について◆◆