ごあいさつ
理事長

 日本の手袋の約9割が東かがわ市を中心とした香川県で生産されていることをご存知でしょうか? 恋の逃避行から始まった香川の手袋の歴史は明治時代にさかのぼります。 1888年から大阪でメリヤス手袋の縫製を行っていた地元の先達が帰郷し、手袋の製造を始めたことがその発祥。 120余年の歴史を持つ世界でも有数の手袋産地です。  
 長い歴史の中で、多くの会社が立ち上がりました。その核をなすのが日本手袋工業組合です。 当組合では、高度な製造技術の保存継承、手袋の知識研修等、製造から販売まで様々な活動を行っております。隣接されている「手袋資料館」では、歴史や製造工程の紹介、また、いろいろな手袋の展示があります。 是非ご来館ください。 手袋・手袋造に対するイメージも刷新されることと思います。
 そして2014年、手袋の新たな可能性を模索するため企業の枠を超えた未来の手袋を考えるプラットフォーム「1888手袋ラボ」が設立されました。 ブランド名は「香川手袋」。 組合所属メーカーが参画し、垣根を越えて熱い思いで立ち上げたブランドです。 今後は、就労者の減少や縫製技術者の高齢化が進む中「ものづくりの火を消さない」「技術の火を消さない」ことを念頭に、後継者育成と産地の技術を活かした「メイドインニッポン」の製品を国内外に提唱することで、製品の信頼度を高め、海外メーカーとの差別化を図り、新たな需要を掘り起こすことを目標としています。
 「香川手袋=メイドインニッポン」を掲げることが、技術者の若返りや雇用を促進し、それが地域を活性化し、手袋産地香川が世界に誇れる産地となるよう、業界一丸となって邁進する所存でございます。

理事長 友國誠二