手袋産業が根ずいた背景
香川、東讃地方は、昔から土地が狭まいうえに水利は悪く、水稲耕作には恵まれた土地とはいえない状況下にあった。そこで、住民は農業だけに頼ることができなくなり、 天正年間(約400年前)に製塩業が起こり、寛政年間(約200年前)には、製糖業が起こった。いずれも讃岐三白の一つとして隆昌し、地域の生活を繁栄させたが、 明治にはいり、外国産製品の輸入や技術の立ち遅れで衰退してしまった。加えて、白鳥神社に与えられていた朱印地という特権もなくなり、門前町としての賑わいと繁栄が姿を消すこととなった。

このような環境下に、手袋産業にとっての大恩人、 両児舜礼と棚次辰吉の両名によってもたらされた手袋製造の仕事は、地域にとって恵みの雨となり、しっかりと根づくこととなった。

手袋産業産みの親    両児 舜礼(フタゴシュンレイ)
明治19年、白鳥村にある千光寺副住職両児舜礼は、寺の近くに住む明石タケノに恋をし、大阪へと駆け落ちした。生活費を稼ぐため舜礼は托鉢にまわり、タケノは隣家でやっていたメリヤス製品の賃縫いをはじめた。しばらくして、舜礼はこのメリヤス製品に着目し、托鉢をやめてメリヤス手袋の製造に専念することになるが、この年、明治21年が東かがわ手袋の誕生の年となった。

当時の手袋はてぐつ(手靴)といわれた指無し手袋で、一つ一つ型紙にあわせて鋏で摘み、手廻しミシンで縫うといった、まったくの手仕事で量産は困難だったが、 船場商人を通じてよく売れ、舜礼はメリヤス手袋製造業の将来は明るいと見て、家業とし拡大する決心をした。

明治24年1月、父の仏事に帰郷した際に舜礼は、 従兄弟の棚次辰吉(当時18歳)とタケノの親類筋の寺井カネ(当時18歳)と六車ルイ(当時19歳)を雇入れて連れ帰り、家業を拡大、本格経営に移った。 しかし舜礼はその年の6月脳涙結昌病というめずらしい病気で39歳の短い生涯を閉じることとなった。
両児舜礼顕彰碑 明石タケノ 手廻しミシン

手袋産業育ての親    棚次 辰吉(タナツグタツキチ)
舜礼の急死後、従兄弟の棚次辰吉が、未亡人明石タケノを助けて遺業を継ぐこととなった。その後、実質的後継者として手袋製造業の経営をはじめた棚次辰吉だったが、干し大根でつくる「ハリハリ」だけがおかずの日々という苦闘の末、大阪における手袋産業の地位を築きあげることに成功する。

明治32年棚次辰吉は故郷に錦を飾り、当時、衰退期にあった製塩業に従事する塩業民救済のため、松原村の教蓮寺住職楠正雄、村長橋本安兵衛の協力を得て教蓮寺境内に手袋製造所「積善商会(シャクゼンショウカイ)」を開設する。ここに初めて香川・東讃地区での手袋製造が始まることとなる。

手袋製造業の種をまき、育てあげることに情熱を注いだ棚次辰吉は、その後[軽便飾縫機]など新しいミシンを発明し、世界特許をとるなど、視野を広く世界に開き、欧米諸国を視察して先進技術の研究導入にも力を注いだ。ミシン以外にも セーム加工機、手の大きさ測定器など24種類にわたる特許権を取得するなど経営者としては勿論、技術者としても業界発展のために貢献し、大きな足跡を残した。
棚次辰吉 積善商会の手袋工場 軽便飾縫機

産業として基盤を確立するキッカケ
種をまかれた手袋製造業は、その後も副業として着実に地域に定着するが、産業としての基盤を確立するキッカケは、大正3年に勃発した第一次世界大戦特需であった。

当時、世界の手袋はドイツが生産の中心国であり、素材の生産、供給と完成した手袋の販売機能を担っていたのがイギリスということで、その両国が交戦国になったため、日本へ戦争特需として大量の注文が入った。この特需に応えるため、最盛期1000人を超える社員が働き、大規模な生産能力を備えた大阪手袋(株)、東洋手袋(株)の2社が受け皿になって対応、家内工業からの脱皮の一つのキッカケとなった。


当時の手袋工場